派遣社員のメリットと割り切り方

派遣社員のメリットと割り切り方について

派遣社員になる理由は様々ですが、派遣に必要なのは「割り切り」とよく言われます。例え「正社員になれなかったら仕方なく派遣社員」でも「自由に時間を使いたいから派遣社員」でも「ブランク明けでまずは派遣社員から」でも、どの状況でも派遣社員ならではの割り切りはあります。逆に言えば「割切ってしまえば」派遣社員として働く事はメリットも実に多いのではないでしょうか。

 

派遣社員で働くメリットとは

派遣社員だからといって「無理する」必要はない割り切り

自分らしい働き方ができるのが派遣社員のメリット
仕事が認められないと辞めさせられるのではないか、理不尽な事でも承諾しないと次の職場を紹介してもらえないのでは……正社員として雇用されていない事からくる不安や疑問は多くあるものです。しかし、派遣社員は会社が必要とし、そのニーズに合わせて派遣された「立派な人材、会社の即戦力」です。派遣をやれなくなるのでは、といった気持ちから無理をする必要は全くありません。「これが私の仕事」と割り切っていきましょう。正社員よりはるかに「自分のポリシー」を貫けるのが派遣社員です。

 

正社員じゃないからこそ「割切って」仕事をする

自分を第一に考えて働けるのが派遣社員のメリット
会社の直接雇用である正社員は会社から保証を貰っています。会社の利益を上げ、より強固な力で社員を守ってもらうためにも仕事に邁進するのです。派遣社員としての働き方を選んだ上は、「会社も大切だが、自分が一番大切」と割り切ってしまうのもひとつの方法。専門業務で雇用されたのなら、お茶くみもトイレ掃除も断ってもいいのです。会社に対する義理や人情?よりも、雇用の契約と割り切って業務に集中するのも派遣の働き方のひとつと言えるでしょう。自分を第一に考えて働けるのが派遣のメリットなのですから。自分に合った派遣先を探しているのであれば、アデコ派遣のキャリアコンサルタントに相談するのが良いでしょう。一人で求人を探すよりも断然よい求人が見るかるはずです。

 

職場の人間関係は「派遣だから割り切って」考える

面倒な職場の人間関係に巻き込まれなくてもいいのが派遣社員。派遣社員だからといって、職場で何もかも拒絶して「仕事さえすればいいでしょ」となるのは正直どうかな、とも思います。基本的には仕事はチームワークが必要ですし、職場にルールがあるのなら受け入れる方向が必要でしょう。
派遣なのだから割り切って職場の人間関係をとらえ、基本的には「誰にもくっつかず、常に中立」の立場を貫き通す事です。そして職場の雰囲気から浮かない程度にはなじんでおきましょう。

 

職場の人間関係も気にせず働ける

気の合わない相手がいたとしても、契約期間内だけの事ですし、上司に媚を売らなくても出世に関係はありません。あくまで「外部から派遣で来た人」に徹して割り切ってしまえば、後は職場の雰囲気を壊すことなく平穏無事に過ごすので充分とも言えるのです。職場の人間関係に煩わされる事なく働けるのが派遣社員です。

 

派遣社員から正社員を目指すなら?

ただ、派遣された会社で正社員を目指しているのなら、逆によりアピールする必要もあるかもしれません。自分の働き方を考え、そのポリシーに従って働けるのが派遣社員の最大のメリットでもあります。
派遣会社に登録すれば、担当者がつきますね。割り切れない思い、割り切る方法が見つからない、そんな時には会社の事も派遣の立場もよく認識している担当者に相談するのがお勧めです。派遣社員には正社員と違って、第三の会社である派遣元会社という大きな味方がいる事をお忘れなく。

>>正社員を目指すなら紹介予定派遣の求人を探す