派遣と契約社員の違いについて / アデコ

派遣社員と契約社員の違いって何?

雇用主の違い

派遣社員の場合、登録者は派遣社員と雇用を結んでいます。そのため、登録者は派遣会社の管轄のもと派遣企業で努めることになります。一方、契約社員は勤め先の企業との直接雇用を結びます。このように、派遣社員と契約社員では雇用主が異なる点を把握しておいてください。

 

労働環境に差が!

労働者として気になるのは職場の労働環境でしょう。こればかりは「企業によって異なる」としか言いようがありません。しかし、派遣社員の方が働きやすい職場に出会いやすいので注目してみて下さい。派遣会社は常に登録者を派遣させた企業が適切な勤務管理を実施しているか目を光らせています。

 

派遣会社は、企業の労働環境を把握してクリーンな職場で登録者に働いてもらうことで登録者から信頼を得ています。派遣先企業としても派遣会社との関係は良好に保ちたいもの。結果として、派遣先の企業で登録者は環境の整った職場で働くことができるのでしょう。

 

お給料の仕組み

派遣社員は時給に基づいて毎月の給料が支払われます。それに対して、契約社員は月給、あるいは年俸に基づいて給料が支払われることが多いです。注意したいのは派遣社員にはボーナスがなく、交通費の支給もないのが普通です。契約社員は、基本的に交通費の支給有り、ボーナスの有無は会社ごとに異なります。

 

福利厚生・有給休暇は?

派遣社員の雇用主は派遣会社なので、有給休暇の申請などは全ては派遣先の企業を介さずに行われます。そのため、契約社員より休みの取りやすい環境にあると言って良いかもしれません。

 

また、アデコのような充実した福利厚生を利用できる点も嬉しいポイントです。中小企業の場合、スポーツクラブや資格講座、レジャー施設の割引など幅広いメニューを取りそろえるアデコのクラブオフのようなサービスを提供することは非常に厳しいです。

 

その他、働くための育児支援スキルアップサポートなどにも目が離せません。多くの登録者を抱える派遣会社だからこそのメリットと呼べるでしょう。

 

任期満了後の仕事紹介

派遣社員の場合、3ヶ月〜3年ほどの契約期間が満了するとスムーズに次の仕事に就けるように新しい派遣先を担当者が予め用意してくれることがあります。また、例えばアデコで派遣社員として働いていたのなら、担当者がこれまでの働きぶりを評価し、その報告を新しい派遣先にしてくれることもあります。新しい職場に移るに辺り、アドバンテージがあると言って良いでしょう。

 

しかし、契約社員の場合は、自分自身と働き先を繋いでくれる仲介者が存在しません。企業との契約期間が終了すると、自分1人の力で新しい仕事先を見つけなればなりません。

 

 

>>しっかりしたの派遣求人をお探しならアデコ