短期と長期の違いって? / アデコ

短期派遣と長期派遣どちらを選ぶべき?

短期派遣と長期派遣のそれぞれの特長

派遣には3ヶ月程度の短期契約と半年から1年更新という長期のタイプがあります。それぞれにメリット、デメリットがあります。

短期派遣

・自分の都合を最優先できる
  (
留学予定や芸術活動をしているので短期間で一気に稼いで時間を作りたいなど)
・人間関係に縛られない
  (短期間なので雇用先の企業の人間関係に縛られない)
・色々な職場が見られる
  (適性がわからないといった場合にも様々な職場を体験する事でメリットがある)

 

長期派遣

・毎月安定した収入が得られる
  (契約期間の間は一定の収入を得られる)
・スキルが身につく
  (長期で雇用先の仕事をこなす事でスキルが自然と身に付き、キャリアとして認められる)
・人脈が広がる
  (一定の期間雇用先にいる事で多くの人と知り合い、人脈を広げる事ができる)
・フルタイムの仕事が多い
  (高収入が望める)

 

自分に合った体系で働く

デメリットはそれぞれを逆の視点で見る事になるのですが、要するに「自分に合った働き方」がどちらか、というのがポイントになります 一般的には派遣社員にとっての一番の悩みは「更新ができるかどうか」「雇用が不安定」といった点にある事が多く、長期の派遣は安定感があります。

 

半年以上の派遣契約の仕事は実質的にはさほど多くありません。厚生労働省の派遣実体調査によると全体の20%程度のようです。長期派遣を希望するならば、やはり優良企業の求人を多く持つ派遣会社に登録するのがベストの選択。長期の派遣社員を求める会社は比較的大手で優良企業の所が多いのです。

 

アデコの特長のひとつとして、こうした有名・大手優良企業からの信頼が高く、長期派遣の求人がたくさんある事があげられます。アデコに登録し、自分の希望として具体的に「単発的な仕事ではなく、安定した企業で長く働きたい」と伝えましょう。企業側としても仕事内容によってなるべく同じ人に担当してもらいたいという案件もあり、大切なのは派遣元の会社がベストマッチの仕事を選んでくれるかどうかです。

 

アデコでは担当営業者は求職側の希望と企業側の希望をしっかりと照らし合わせてマッチングしてくれるとか。現在のスキルに合わせた就業と、その後のワークライフを視野に入れて将来の為のキャリアプランも合わせて考えていくのが大切です。派遣社員のキャリアプランは派遣元のサポート次第で大きく変わりますから、しっかりと支援をしてくれるアデコのような人材派遣サービス会社を利用したいですね。

 

 

>>自分に合った派遣求人を探すならアデコ