貿易事務のお仕事Q&A

貿易事務の仕事内容Q&A

貿易事務に必要なスキルと仕事内容は?

貿易事務はその名の通り、貿易に関する事務手続きを行います。輸出と輸入に関しては法律に基づいた煩雑な事務処理がいろいろとあって、様式に沿った書類の作成から通関手続き、商品の納入管理や物流管理にまで至ります。資格としては通関士、貿易実務検定などがあります。特に通関士の資格は有利になりますね。また英語力も必要ですから、TOEICで600点クラスでしたらアピールできるのではないでしょうか。またOAスキルも必要です。

 

コミュニケーション能力で仕事の質に差が出る

貿易実務というと資格やスキルばかりに目がいきがちですが、実際には海外顧客とのやり取りや折衝なども多く、英会話だけでなく「コミュニケーション能力」も大切と言われています。輸出入では官庁との書類の遣り取りもあれば、得意先との応対、船会社との交渉といった場面もあります。いろいろな場面で判断ができる柔軟性も必要ですね。

 

英語が話せて、人と話すのが好きな人は貿易事務のお仕事に向いているでしょう。

 

>>アデコの派遣サービスで貿易事務の仕事を探す

 

普通の一般事務職しか経験がありません。未経験でも大丈夫ですか?

未経験でもまずアシスタント的な業務からスタートする事で経験を詰めます。ただ英語の力は多少なりともあったほうが良いと思います。英会話の力は低くても、少なくとも読み書きがある程度できればアシスタント業務から貿易事務関連の仕事に就けると思いますね。

 

例えば商社の場合は、まず通常の営業事務の経験をし、その間に英語力と資格取得をすすめていくと貿易事務の実践的な現場に採用されやすくなるでしょう。未経験の採用も倉庫会社や商社などで比較的多く見られ、また小さい貿易会社なども未経験者を採る傾向があるようです。

 

給与はどれくらい期待できますか?

一般職の事務よりは時給も高い傾向にあります。貿易事務は実力によって大きく給与に差が出ます。また通関士の資格を持っているとさらに時給もアップ。要するに「経験」と「即戦力」がポイントで、正確に早く貿易事務を処理できる能力が認められるとかなりの高収入が期待できるのではないでしょうか。

 

派遣から正社員になれる!

派遣社員の場合は時給1,500円が関東地方の平均です。軽作業等の時給と比べるとかなり良いですし、また一般事務よりも高めです。資格と経験が加わればさらに時給アップが望めますね。
また紹介予定派遣を利用すれば、派遣社員から正社員を目指すことも十分可能です。