派遣会社の社内選考

派遣会社で行われる社内選考について

派遣会社の社内選考って何?

派遣会社が社内選考をする場合には主に2つのパターンがあります。

 

派遣先に候補者の資料を提出し、派遣先が書類から選考して面接へ進む。あるいは派遣先企業が派遣会社から勧められた人材をテストして就労を判断する。

 

ひとつの案件(求人・仕事)に対してふたり以上の候補者がいるので派遣会社内で選考をして派遣先に紹介する。

  • 派遣会社の各担当者が担当している候補者をリストアップし、そこで社内選考して選ぶ
  • 求人に対する担当者が決まっていて、その人が持つ候補者の中から選考する

>>多数の求人情報を扱うアデコ派遣の特徴はこちら

派遣先が社内選考をする場合のポイント

職種に合わせてスキルやアピールポイントを押さえておく。候補者、案件に対する希望者が多い人気の企業が社内選考を行うのがほとんどです。事前に希望している職種に関連して、企業が求めるであろうスキルや必要とされる人材像をあらかじめ想定しておきましょう。

 

担当者に派遣先企業のニーズを聞いておく

当日のテスト内容がわかるわけではありませんが、担当者は派遣先企業がどのような人材を欲しがっているかは把握しているので相談するのがコツです。OAスキルのレベルなども事前にわかれば対応しやすいと思います。

 

派遣会社が内部で選考する場合のポイント

担当者と良い関係を築いておく

派遣会社内での社内選考では、担当者がどれだけ肩入れしアピールしてくれるかも重要です。特に一般事務などこれといったスキルが必要のない案件は人柄やパーソナリティで左右されるので担当者の印象ひとつで決まる所もあります。

 

社内選考と言うと、スキルや適性によって決まるように思うかもしれません。しかし実際には、

  • 住んでいる場所(企業側はなるべく交通費を抑えたいから)
  • 年齢

といった部分で判断される事もあります。派遣先企業が有名大手だったり人気のある所ですと倍率も高く、「社内選考にエントリーしたけど何回も落ちた」と悩む人もいるようですがあまり気にしすぎない方がいいですね。

 

それよりも、派遣会社の担当者とよく話して密接な関係を作り上げておく事のほうが大切です。またエントリーした時に、より「社内選考を通過しやすい」ように、日頃から派遣会社のスキルアップ講座やサポートを利用して実力をアップさせておきましょう。そうした努力も担当者は見ていますし、「やる気」を評価される部分も多いのではないでしょうか。