派遣の担当営業者

派遣会社は担当営業者の質で決まる

派遣での「担当営業者」とは?

派遣会社に登録をすると担当者がつきます。
「コンサルタント」「コーディネーター」「担当営業者」など呼び方はいろいろですが、派遣先企業を選ぶ事から実際に就労してからも様々にサポートしてもらえる大切な存在です。派遣会社の担当者と良い関係を築く事ができれば、正社員以上に「自分に合った働き方」ができるのが派遣社員です。

>>口コミ評価が良い派遣会社アデコの特徴を確認

派遣で担当営業者の役割

面談を通して就労先の希望や条件をヒアリング
  • 条件を詳細にヒアリングして仕事を探してくれる
  • キャリア形成についても相談に乗ってくれる
条件にマッチした案件(仕事)を紹介
  • 企業の雰囲気や内部、業務についても詳しく教えてくれる
  • 必要に応じて時給の交渉なども行う
面接時や就労に対するアドバイス
  • 履歴書や職務経歴書の書き方を教えてくれる
  • 企業との面接時に同行してくれたりアドバイスをくれる
就労後もサポート
  • クレームの対応
  • 定期的な連絡とアドバイスや相談

派遣社員にとって、良い仕事・ラクな仕事に就けるかどうかは担当者次第といってもいいぐらいです。また就労後のサポートも担当者が行ってくれますから重要です。

 

担当営業者と良い関係を持つには

具体的に希望や意見は伝える

「楽な仕事なら何でも」といったような曖昧な希望ではなく、「時給が高く」「通勤30分以内で」と具体的に希望を伝えましょう。率直に自分の意見は伝えましょう。こんな事を言ったら仕事が貰えないのでは?と躊躇せず、ダメかもしれないけれどコレとコレが希望ですと伝えた方がいいですね。また派遣で仕事が決まりやすい人は、スキルや資格といったアピールポイントを持っています。

 

正しいクレームを伝える

やみくもに「嫌な人がいる」「仕事が最悪」と伝えても担当者も対処のしようがありません。「雇用契約書と実際の業務が違う」「残業はないという話しだったが帰りづらい」「上司が派遣社員を区別して扱う」といったようにきちんとクレームの内容を伝えましょう。

 

担当営業者には好感を持ってもらえるように

いくらあなたがサービスを受ける側だと言っても、先輩が後輩を使うように「アレもやって」「これをどうにかして」と頼むのではお互いの関係がうまく築けませんね。特に派遣が初めての場合には「教えて下さい」といった姿勢で好感を持ってもらうのも大切。やはり人と人の関係ですから、担当者に「ぜひこの人にはいい仕事を紹介したい」と思われるように行動しましょう。