派遣で長期間働く方法

長期で派遣の仕事をする方法

短期ではなく長期で働きたいです。長期で派遣の仕事を見つけるコツとは?

長期の派遣は主に1年以上のお仕事ですね。
派遣社員にとっては同じ職場で長く働くことでスキルも身に付きますし、ある程度安定した収入を得られるというメリットもあります。
さまざまな職種で見られますが、長期派遣の仕事を見つけたいのなら案件数を多く持つ実績のある派遣会社を選ぶのが第一条件です。

>>派遣でバリバリ働く人の体験談

 

長期で働ける派遣の仕事を見つけるコツ

実績のある派遣会社を選ぼう

長期派遣になると会社の方でも正社員に近い立場で捉えます。
職種にもよりますが、秘書や経理、営業事務やコールセンターなどは固定化した人材を求める傾向が強く、長期派遣の仕事も多くあるようです。
派遣会社も「得意・不得意」がありますから、まず長期派遣の案件が豊富で実績のある会社を選ぶようにしましょう。

 

スキルを持とう

長く働く人材が欲しい会社は、ある程度のスキルやキャリアを望む事も多いのです。どの分野においても一定のスキルや経験を積んでおけば、より長期の仕事に就労しやすくなりますね。

 

コミュニケーション能力が高いことをアピールしよう

もうひとつ、企業にとって重要なのがスキル以上に「コミュニケーション能力」です。
長く働いてもらう為には周囲の人たちと充分に意思疎通をはかることができ、責任のある仕事を任せても安心できる信頼感が必要になります。

 

「求められる人材」になる方法

会社としては「手放したくない人材」こそが長期雇用のポイント。派遣でも長期雇用から正社員登用となった人も大勢います。
そこで、派遣会社のスキルアップ講座などを利用するといいですね。OAスキル以外にも、社会人マナー講座やコミュニケーションスキルの研修を開いている所もあります。
こうした講習を受けて、より企業に「求められる人材」になりましょう。

 

派遣会社の担当者に相談して、企業のニーズに合わせるのもアリ

長期派遣の場合には研修期間がある企業も多いようです。
この期間に会社側に「できる存在」「使える人材」である事を充分にアピールしたいですね。

 

頼りになるのが派遣会社の担当者です。
担当者は各企業のニーズを把握していますから、担当者に相談すれば「どうすれば企業が必要とする人材になれるか」がわかります。足りないスキルを指摘してもらったり、逆に自分では気づかなかったアピールポイントを発見する可能性も大!
派遣会社の担当者とは積極的に交流するのが「派遣でうまくいく」最大のコツです。

 

>>アデコ利用者の成功談