40〜50代でも派遣社員になれる?

40代でも派遣社員として雇ってもらえますか?

40代でも、あるいは50代でも派遣社員としてもちろん雇ってもらえます。「この年齢では登録しても仕事を紹介してもらえないのではないか」と不安に思う人もいるようですが、そんな事はありません。

 

40代でも派遣社員として働ける方法は?

  • 仕事の案件数が豊富な派遣会社を選ぶ
  • 専門技術やキャリアなどアピールできるスキルを持つ
  • スキルがなくてもコミュニケーション能力で人事担当者の心をつかむ
  • 比較的アラサー、アラフォー世代を雇用する職種に絞る

まず登録する派遣会社が多くの仕事情報、案件を持っているかどうかがポイントになります。取引先企業が多い派遣会社なら職種も豊富で幅広い年齢層の仕事があるからです。

 

確かに同じような条件でもし「20代の人」と「40代の人」の応募があったら、企業側としては若い人材を採る傾向が強いのは現実です。しかしもしスキルやキャリアがあれば、企業の求める人材という事でより簡単に就労先を見つけられるでしょう。また実際の職場では「スキルも大事だが、周囲の人とうまくやっていけるチームワークで力を発揮出来る人」を求める事が多いんですね。

 

年齢よりもその人が「いかに職場になじめて会社の利益となる仕事をこなしてくれるか」を重要視する企業は多いので、面接などでもぜひアピールしましょう。派遣会社の担当者は企業側のニーズを把握しているので、アドバイスを貰うのがお勧めです。

 

40〜50代が就きやすい派遣の仕事とは

最近では介護職は比較的年齢層の高い人材を採用すると言われています。またテレアポやコールセンターなども年齢に関係なく常に雇用があるようです。通訳貿易事務といった専門職になると、実力やキャリアがポイントになってきますから年齢はさほど就労に影響しないといった面もあります。

 

残念な事に時折ですが派遣会社によっては「その年齢ではムリ」「安い時給のものしかない」といった対応をする所もあるようです。大手や実績のある派遣会社ではまずそういった心配はありません。サイトなどでエルダー向けの求人があるか確認してみるのもいいですね。ただサイトだけで判断するのは少し早すぎます。大手派遣会社はサイトに掲載していない「非公開求人」を持っています。登録する事で担当者がついてこうした非公開求人を紹介してくれます。また、求人情報だけでなく、派遣会社のクチコミも併せてチェックしましょう!

 

担当者はそれぞれのキャリアやアピールポイントを見極めて仕事を紹介してくれますから、40代50代といった年齢の不安はひとまず横においておき、派遣会社に登録して担当者とじっくり相談することをお勧めしますね。