【体験談】紹介予定派遣を利用して転職

アデコの紹介予定派遣を知るまでの流れ

厳しい就職状況に落胆・・・

昔から広告業界に就きたかった

派遣スタッフを希望しても、「実務経験がない」「子育て中で時間的な制約がある」「扶養範囲内で働きたい」など、いろいろな条件によって、なかなか仕事が見つからない事がよくあります。アデコではこうした条件の中でも、多くのお仕事情報の中から出来うる限り、希望どおりの仕事を紹介するように努力しています。マイナス要因だと思ったり、難しい条件だと思っても、アデコの担当者に積極的に相談しましょう。きっと、ニーズや希望に合った仕事を、登録してから迅速に紹介してくれると思います。

 

妥協して違う業界に就職するも退職

大学卒業後、就職先がないのはマズいと思った私は、当初視野に入れていなかった業界の中小企業に勤めることを決めました。 内定をもらった時は「これでよかったんだ・・・」と自分に思い込ませていましたが、入社して半年、やはり限界がきました。 私は広告の会社に入りたいと勤めていた会社を退職しました。

 

派遣から憧れの広告業界で勤めることに

中途採用は狭き枠

最初は、中途採用で求人を探していました。しかし、募集条件は経験者優待といった表記ばっかり・・・。そこで、志向を変えて人材派遣会社に登録、相談してみることにしました。すると、私が行きたい広告業界の求人がたくさんあって驚きました。

 

紹介予定派遣の存在を知る

私は、その時初めて紹介予定派遣というものの存在を知りました。新卒と中途採用だけが正社員の会社員になるためのステップだと思っていましたが、派遣でまずは勤めて、その仕事っぷりで正社員への登用をするという方法があるそうです。
アデコのキャリアコンサルタントの方が熱心に、この紹介予定派遣の仕組みや流れを教えて下さいました。迷わず私はこの紹介予定ありの派遣で広告代理店に勤めることにしました。しかも、派遣先は比較的規模の大きい大手で、モチベーションが上がりました。

 

 

紹介予定派遣で憧れの広告業界の正社員に!

半年の紹介予定派遣を経て正社員へ!

紹介予定は会社にも私にも良いこと尽くし

半年間の派遣期間は、私にとって「楽しい」の一言でした。 派遣社員という肩書は正直良いものではありませんでしたが、それでも正社員の方と分け隔てなく仕事ができたのが嬉しかったです。 それと同時に、思いのほか社員の方から評価していただいたり、逆に自分の弱い点を指摘して下さったりと有意義でした。 この半年間で、会社が私のことを知ることもちろん、私もこの会社について深く知ることができ、ミスマッチは少ないと感じました。

 

派遣から正社員へという道にして良かった

半年後、無事に正社員として雇用していただくことが出来ました。 そのころには会社も私もお互いのことを理解しているのでミスマッチがありません。 そういった意味でも、派遣期間を経て正社員になるという方法はムダがないと感じました。 中途採用などにこだわっていたら絶対できなかった就職だと思います。 アデコに登録して就職の視野を広げることで、希望の業界に就くことができました。

 

 

>>アデコの紹介予定派遣を利用する前に