【体験談】新卒から派遣で正社員を目指す

大学卒業と息詰まる就職活動

私の就職活動は酷いものでした。業界を絞るところまでは良かったのですが、視野が狭く大手ばっかりを志望していました。結局、内定を貰えずに4年の秋を迎えてしまったのです。
というのも、食品メーカーで働きたかった私は、やっぱり大手じゃないと多くの人が手にする商品に携われないと思ったんです。
そうはいっても、卒業を控えて働き先がないのは私にとって精神的に辛いものがありました。
そこで、当初は事業規模は気にせず中小企業の第二クールの採用に臨んでいました。でも、どこかしっくりこなかったんです…。やっぱり、私が思い浮かべている仕事ができない会社ばっかりだと感じました。最初から納得しない会社に入社することが考えられない私は、途方に暮れていました。

 

新卒でも安心の就職支援が受けられる

派遣という選択肢を知る

求人は思わぬところに

就職活動は出費が重なります。そこで、アルバイトや短期の派遣を少しやって資金を集めていた。その時に、アデコには新卒を受け入れてくれる会社の求人や、私の志望する食品メーカーの求人があることを知りました。「納得いかないまま中小企業に入社するなら、派遣でもいいから大手でやりたい仕事をしたい」、素直にそう思いました。

 

アデコの就職支援を受ける

私は、普通の就活からアデコを利用して仕事を探すことにしました。無料なのも、お金がない学生には助かりました。仕事の紹介に留まらず、履歴書のチェックや模擬面接までしてくれるなど、手厚いフォローをしてくれたことを今でも覚えています。

 

紹介予定派遣で勤務開始

新卒後、アデコのサポートもあって、大手食品メーカーへ派遣で働き始めることになりました。 親は渋い顔をしましたが、当初から志望していた業界に勤めることができること、正社員へのチャンスがあることを伝えると納得してくれました。 正社員ではないので少し不安もありましたが、半年の試用期間を過ぎれば正社員として入社できる前提だったので、モチベーションは自ずと上がりました。
派遣の今は、事務や補助など少し地味な仕事が多いですが、正社員になった後のキャリアステップも明確となっているので特に不満はありません。 今はまず、目の前の仕事を正確にこなして社会人としての基礎力を身に着けたいと思っています。 アデコで派遣から食品メーカーで働くという選択をして良かったと働き始めて実感しています。

 

>>人材派遣サービス「アデコ」の特徴はこちら