【体験談】フリーターからIT業界へ転職できた理由

IT業界への転職!高い時給とキャリアを積める風土に大満足

IT業界への転職を決意

僕は、飲食店でずっとフリーターをしていました。カフェで簡単な調理と接客を通してお客様の笑顔をみることができることに、僕自身それなりに満足感を得ていました。

 

しかし、今後の将来を見据えた時、果たして展望の開ける仕事なのだろうかと疑問を持ち始めました。接客業としての基本は身に付けることができました。しかし、それ以外何も残らないと思ったのです。まさか独立して一人でカフェをオープンする程の力もありませんし、そこまでのリスクを負うモチベーションもありません。

 

そこで、僕は転職を決意しました。飲食店とは全く違う業種であるIT業界を選びました。理由は、僕自身パソコンにはそれなりに詳しい方で関心があったことです。また、今 最も勢いのある業界だと思い、そのエネルギーに惹かれました。

 

転職成功!アデコが入社をサポート

いきなり正社員のみに絞った転職活動は成功しないと思いました。そのため、派遣社員として働くことを検討しました。そこで、口コミで噂のアデコに登録することに決めました。他にもいくつも派遣会社に登録をしましたが、結局活用したのはアデコです。

 

まったく違う業種からの転職だったので、最初は成功するか心配でした。しかし、その不安を払拭してくれたのは、一緒になって会社選びをしてくれたコーディネーターの方です。「飲食店で鍛えた頑張る力・粘り強さはIT 業界でも評価される」というアドバイスをもらい、自分のアピールポイントを面接で伝えることができました。

 

そして、プログラマーとして派遣社員で働くことが決定しました。しかも、正社員登用のチャンスがある紹介予定派遣としての採用です。もともとプログラミングの言語等は習得していたので、それを生かしての転職となりました。

 

充実の毎日!スキルアップして正社員を目指す

前職と違うと感じるのは、まず充実した福利厚生で労働環境が整っている点です。納期が迫る時期は残業も発生しますが、事前に連絡もあるのであまり苦には思いません。土日が固定休いうことは、飲食店では考えられないことです。あらかじめ休みを把握できるので、オフの予定も立てやすくプライベートも充実しています。

 

仕事はもっと単調かと思いましたが、1つの仕事を達成した時の喜びは飲食店ではあまり味わえないものです。そして、何といっても他の会社でも通用するスキルアップすることができる点に大きな魅力を感じています。時給が高いというのも、大きなモチベーションに繋がっています。前職より時給は300円以上も高くなりました。

 

さらに、そこからスキルを積むに連れて時給はUPしていくので、努力を正当に評価してもらいやすいと感じています。現在は派遣者社員という形ですが、今後は紹介予定派遣として会社に勤務して正社員として採用されることを目標に取り組みたいと思います。

 

>>ノンキャリアからIT業界へ転職しようと考えているのならアデコ派遣